インターネットがあちらこちらで使われるようになり、最近は越境ECが拡大しています。商品を売りたい、海外に市場を広げたい、などと思う場合、重要なのが越境ECと言っても過言ではありません。

ここでは、越境ECについて紹介していきます。

1.越境ECとは何か
越境ECというのは、他言語や他通貨を用い、インターネット通販などを通じて行う電子取引を指します。クロスボーダートレードと言われることもあります。特に、海外の消費者に向けて日本製品を販売することを指すことが多いです。
最近はアマゾンやeBay、Taobaoなどを用い、海外の商品を購入する人も多いのではないでしょうか。たとえ違う国にいたとしても、通貨単位が違ったとしても、オンライン上であれば何の問題もありませんね。
越境ECそのものは、違う言語や違う通貨を用いて行われる電子取引全体を指しますが、このような方法を用い、海外に住んでいる人に日本から製品を販売することを越境ECと呼ぶことが多いです。

2.越境ECのメリット

A.市場拡大
越境ECには様々なメリットがありますが、なんといっても市場を拡大できるメリットがあります。その地域だけではなく、オンラインを使って全国で商品を販売できる事は大きなメリットといえますが、国内に市場を絞ってしまうと、どうしても限界が生じます。
しかし、海外に住む人たちを対象に日本の製品を売ることができれば、それは海外に市場を得ることになり、市場を拡大できるメリットがあるのです。企業にとって今や海外進出は当たり前。そんな中において、越境ECで海外の消費者を対象に日本の商品を販売できる事は、企業にとって大きな利点といえます。

3.日本商品の差別化
越境ECのプラットフォームを利用して日本商品を得ることができれば、それは日本の製品と海外の製品の差別化を図ることができます。世界的にも日本の商品は大きな信頼を得ており、「日本の製品である」と銘打って販売することで、日本製品の差別化を図ることができ、日本製品の良さを海外に知らせることができます。
よって、海外の消費者により多く日本商品を買ってもらうことができ、市場拡大と合わせて大きな利益を得られる特徴があります。

C.リピーターの獲得
近年は海外旅行が当たり前になり、日本にも多くの外国人観光客がやってくるようになりました。日本の伝統文化や歴史的建造物に関心を持つ人も多いですが、日本に来る人の中には日本製品を購入しようという目的を持つ人も珍しくありません。特に東アジアや東南アジアからの観光客の中には、日本製品を安く購入するためにわざわざ日本に来る人も多く、そのような人が「海外にいながらも日本商品を購入したい」と希望を唱えている背景があります。
つまり、越境ECを利用すれば、海外に住んでいる人に対して日本商品を販売できるため、リピーターの獲得につながります。日本に来なければ日本の製品が購入できない状態も特別感がありますが、日本に来て日本製品を購入しそれが良かったと考える消費者に対し、越境ECで日本製品を得ることができれば、リピーターの獲得ができるのです。

D.海外に住む日本人が利用できる
さらに、最近はグローバル化が進み、海外で生活する日本人も増えました。日本は衛生用品や電化製品に優れており、たとえ海外で生活していても、衛生用品や電化製品は日本のものを購入したいと考える日本人も珍しくありません。
しかし、海外に住んでいるとどうしても買い物をする機会に制限が生じてしまい、日本製品を購入するのは簡単ではありません。その一方で、越境ECを利用して日本製品を購入することができれば、海外で生活しながらも日本と同じ商品を手に入れることができ、海外に住む日本人にとっても安心です。つまり、越境ECは海外に住む消費者に日本製品を販売することを指しますが、それは海外に住む外国人消費者のみならず、海外に住む日本人消費者を含んでいることがわかります。越境ECを利用することによって海外に住む消費者に日本製品を売るメリットが得られる一方で、海外に住んでいる日本人が日本製品を購入できるメリットもあるのです。

インターネットの拡大により、越境ECはこれからももっと拡大していくと考えられています。市場広げたい企業にとっては避けては通れない市場であり、これからも越境ECによる市場の拡大が期待されています。関税などのデメリットもありますが、それでも越境ECを利用して日本製品が購入できる事は、外国に住む人にとっても利点と言えるでしょう。

大阪府と三井住友主催のセミナーが11月にあります。

こちらから情報をご覧ください。

当店の越境ECはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。